インフォメーション

京都の梅「城州白」と青谷梅林

城州白

京都の高級梅 城州白

城州白の実は、楕円形で先がやや尖っています。成長すると、色が白くなり、熟すと黄色みを帯びて、よい香りがします。大粒で、表皮はしっかり。柔らかい果肉がたっぷり入っています。
地元の酒造メーカーは城州白で梅酒を製造。香りの良いこの梅酒は全国的に有名になりました。また老舗和菓子店ではその創業者が、大粒で果肉が厚く、芳醇な香りのするこの梅に惚れ込み、和菓子作りに活かすと同時に、自社でも栽培を始めました。地元ではほとんどの方が城州白で梅干しを作られます。


梅の比較

城州白の春夏秋冬

2月下旬~3月
白梅が咲きそろい、青谷は白い霞のような花に包まれます。梅まつりが行われ、大勢の観梅客が訪れます。

5月
梅の実が大きく育っていきます。

6月下旬
収穫時期。晩生のため、他の品種より遅めです。

7月~10月
収穫後、梅干しや梅シロップを作ります。

12月
梅の木の剪定


城州白の四季

青谷梅林と城州白の歴史

江戸時代から続く青谷梅林は明治時代に一度衰退しかけます。
しかし、村の有力者による「青谷保勝会」が観光PR誌を発行するなど尽力し、全国有数の梅の名勝として復活。
この頃、大粒の良い実の品種が生梅として販売され、戦後、梅酒や和菓子づくりにも利用されました。
この品種が「城州白」として現在に続いています。


梅林

青谷梅工房とは

梅工房は、青谷梅林に魅せられた元小学校教員が始めたお店です。


店主は、青谷梅林の里山的な風景に魅せられ、 城陽市の「梅まつり」を盛り上げるため、 ボランティア仲間と共に「くぬぎ村梅まつり」を開催。 また、喫茶&土産店を期間限定でオープンしたりもしました。 次第にこの活動にのめり込み、2011年に小学校を退職。 梅工房を始めました。


店舗イメージ

店舗情報
店名 青谷梅工房
店主 保田 昭夫
所在地 〒610-0113 京都府城陽市中出垣内73-5
電話番号 0774-39-7886
FAX番号 0774-39-7886
メールアドレス info@aodaniumekobo.com
ホームページ http://aodaniumekobo.com

アクセス

〒610-0113 京都府城陽市中出垣内73-5

普段使いの梅干し

お試しセット
厳選京都の梅干し
普段づかいの梅

京都青谷梅工房だより

保田店長

こんにちは、代表の田中です。青谷と梅工房の旬の情報をお届けします。
店長日記はこちら >>

不定期ですがお得な情報をお送りします!下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 朝市

5月17日歌声サロン14:00~16:00

毎週土曜日朝市9:00~ よもぎ餅もあります。

梅工房facebook
梅工房アメブロ
梅工房LINE@

お助け隊

 

ページトップへ